スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

小説「探偵ガリレオ」

東野圭吾ファンの間で、絶大な人気がある小説の1つ「探偵ガリレオ」。
ガリレオとは、主人公のことを表している。
天才的な頭脳を持った物理学者と現役の大学准教授でもある「湯川学」の愛称からついたタイトルだ。

ストーリーは、警視庁捜査一課に所属している友人の刑こと「草薙俊平」が超常現象のような不思議なこと件を持ち込んできる。
その不思議なこと件のからくりを、湯川の明晰な頭脳を使え、思わぬ角度から解析してしまうというストーリー。
解析を見て、刑ことたちが尊敬の念を込めて「ガリレオ先生」と呼ぶようになったのが愛称の始まりだとか・・・。
こと件の内容を見ると、頭が突然燃える・少年の幽体離脱・海での突然の爆死など、一見自然現象やこと故に見せかけたこと件が多くなっている。
これまでの推理小説を覆す内容になっていて、何となく外国のあるドラマに似ている気がしますね。


また、犯人が何処にでも居そうな人物が多く、著書の始まりも大胆なこと件からの始まりが印象的だと読者からは言われている。
そして1番の見物は理工学・物理学の知識を使いこと件の糸口を探しだし解決へと向かうところだそうだ。
他にも「燃える(もえる)」「「壊死る(くさる)」「離脱る(ぬける)」などタイトルにもインパクトがありますね。
その道の専門的な知識を持った人ではないと解決できないトリック。
ドロドロした人間的なものを感じさせる動機なども加わってそのミスマッチな感じが人気を浴びてめちゃくちゃ面白い作品となっている。
1つのこと件が短編になっていますのでファンだけでなく小説などに興味を持った人もドキドキしながら読めそうな作品ですね。

スポンサーサイト
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

ドラマレビューについて

最近話題のドラマの感想やアレコレや最新の芸能ニュースについて思うこと

« | HOME | 二階堂ふみ»

プロフィール

視聴者

Author:視聴者
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー
スポンサードリンク

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。