スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

「愛の迷宮」制作発表2

9/18に東京都内で「愛の迷宮」の制作発表の出演者のお話だ。

【阿部進之介(鮎川拓真役)】さんは記者会見で、こう話していました。
拓真はは、心をちょっと閉ざし気味でストレートに愛情表現をすることができずにいる。その押し殺された愛情表現の仕方を上手く表現していきたい。
この作品は、いろいろな愛の形を描いていて、男女の愛、兄弟の愛、怖さなどが描かれている。
人間はいろいろな問題を心に抱えながら生活していっている。その問題に向き合い人生を豊かにし、この作品を通して感じていきたいだ。
と話していました。

【河合龍之介(鮎川春樹役)】さんは記者会見で、こう話していました。
春樹は、誠実で家族思い、周りによく気が利く男性だ。でもこうした人間というのは一度破綻しだすと危ないという面も持っているはずなので、そういう危うさもお芝居で出していけたらと思っている。撮影自体は長いもので慣れない部分も多く周りの人に力を貸していただいているのですが、ちゃんと撮影も乗り切って終わる頃には一人前の「男」になっていれたらと思いる。
と話していました。

【高橋かおり(鮎川可奈子役)】さんは記者会見で、こう話していました。
可奈子はまっすぐで純粋な性格で、かつ激しさも持っている。それゆえに周りの人を傷つけることがあり自分が弱いことを知っている。だからこそ強く生きようとしているんだと思いる。
だからわたしが可奈子を愛してあげなきゃという感じで演じている。見てくれる方々にも共感していただけたらうれしいだ。と話していました。

【保阪尚希(鮎川光男役)】さんは記者会見で、こう話していました。
光男は戦後の高度成長期を生き抜くために必死に働き、仕ことを優先させ家族を後回しにした結果、自分の子供世代に多大なる影響を与えた人物だ。
巨大コンツェルンを舞台にしているせいか、今の日本の家庭に共通している問題が描かれていると思いる。と離しています下。

スポンサーサイト
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

ドラマレビューについて

最近話題のドラマの感想やアレコレや最新の芸能ニュースについて思うこと

« | HOME | 二階堂ふみ»

プロフィール

視聴者

Author:視聴者
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー
スポンサードリンク

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。