スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

「愛の迷宮」制作の東海テレビ制作“看板長寿番組”の秘密に迫る1

東海テレビ制作のフジテレビ系の昼の帯ドラマ(毎週月-金午後1時30分-2時)が何故看板長寿番組を作るようになったのか秘密に迫りました。
これまで放送回数は既に1万回を超えている。10月1日からは新シリーズの「愛の迷宮」がはじまりる。

昼ドラ自体は始まったのは1964(昭和39)年5月で東京オリンピック開催の年でした。きっかけはフジテレビがオリンピック中継などで人手が少なくなったので系列会社の東海テレビに制作を依頼したことでした。
第一作目の作品は「雪燃え」で、主演は水野久美と葉山良二、全65回放送でした。それ以来43年間ずっと制作されてきました。

流れは大きく分けて4つあり、最初の頃は「暖流」(1964年8月)や「五番町夕霧楼」(68年)などの文芸調の作品でして、流行作家の小説を原作にしていました。

続いて、「あかんたれ」(76年)「じょっぱり」(79年)「がしんたれ」(79年)「ぬかるみの女」(80年)「女商一代 やらいでか!」(81年)などの根性劇が主流になりました。

その後、「愛の嵐」(86年、主演・田中美佐子)「華の嵐」(88年、主演・高木美保)や「夏の嵐」(89年、主演・高木美保)など「嵐」シリーズに代表される「グランドロマン」シリーズだ。このあたりから現在のドロドロ愛憎劇が本格化されるようになって来ました。

そして、延長線上にある「真珠夫人」(2002年、主演・横山めぐみ)「牡丹と薔薇」(04年、主演・大河内奈々子、小沢真珠)などのこってり「ドロドロ愛憎劇」となりる。

スポンサーサイト
[はてなブックマーク][clip]BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマークFC2ブックマーク

ドラマレビューについて

最近話題のドラマの感想やアレコレや最新の芸能ニュースについて思うこと

« | HOME | 二階堂ふみ»

プロフィール

視聴者

Author:視聴者
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー
スポンサードリンク

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2Ad

RSS登録
My Yahoo!に追加
Add to Google
エキサイトリーダーに登録
はてなRSSに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。